持田武志

社員インタビュー

機械化に対応しながら、機械ではできない心のこもった対応を変わらずに続けていきたい

持田武志  Takeshi Mochida/2002年入社

入社のきっかけを教えてください。

僕は入社2年前(2000年)に妻の実家がある下関市へ引っ越し、市内の調剤薬局に勤めていました。そこで薬の問屋さんから「コトブキ薬局」の紹介を受けたことがきっかけで、条件などを考慮して当社への入社を決めました。前社と同様に管理薬剤師として、のびのびと働くことができています。

「管理薬剤師」として、どのような業務を行っているのですか。

管理薬剤師は、わかりやすくいうと店長のような存在です。医療機関で出された処方せんに基づいて調剤したり、患者さまに服薬について説明したりするほか、薬局の責任者として在庫管理やトラブルの対応なども任されています。当社は在宅医療にも力を入れているので、薬局で患者さまに対応するだけでなく、施設への配達に出かけることもあります。

持田さんはコトブキ薬局が展開する全店舗での勤務経験があるそうですね。「だんしん薬局」の特徴を教えてください。

住居の多いエリアに位置する薬局だからか、のんびりした地域性が感じられます。当薬局は薬剤師2人、事務2人の少人数体制で、患者さまに穏やかな方が多いこともあってアットホームな雰囲気で営業しています。建物は民家風で過ごしやすく、働きやすい薬局だと思います。

どんな時に仕事のやりがいを感じますか。

僕は患者さまの生活リズムなどを踏まえて、飲み忘れのないように薬を一包化したり、薬を飲むタイミングを伝えたり、と1人1人に寄り添って服薬指導することを心掛けています。それを患者さんがきちんと理解して、その通りに服薬してもらえていることがわかった時にはやりがいを感じます。時には世間話もしながら、地域に密着した薬局だからできるコミュニケーションを大切にして、患者さまをサポートしていきたいです。

今後の目標を聞かせてください。

僕が薬剤師になってから24年の間、薬局業界に限らず、あらゆる分野でオートメーション化が進みました。こんな小さな薬局でも入社当初と比べると随分機械化が進んでいます。そういった新しいものにしっかりと対応しながら、機械ではできない心のこもった対応は変わらずに続けていきたいと思っています。
今も患者さんに呼ばれれば自宅へ出向いて相談に乗っていますが、これからも時間の許す限り、相談ごとに応えていきたいです。やはり頼りにされるのはうれしいことですから。

コトブキ薬局への就職・転職を考えている人にメッセージをお願いします。

薬剤師の仕事は甘くないことも多いけれど、そのぶん、やりがいのある仕事です。当社は働きやすい環境が魅力ですし、山下会長が地域でも名の知れたゴルフ好きなので、もれなくゴルフ大会にも参加できます(笑)。まだ下手ではありますが、僕も大会に参加しながらプライベートも楽しんでいます。アットホームな仲間と一緒に、充実した毎日を送ってもらえればと思います。

PAGE TOP